Let's MUSIC! 朝日勇結の徒然なる日々

現役プロスポ-ツ選手が綴る【DTM・作曲・ギター ・趣味等】のブログ

作曲とは? 作曲に必要な知識・能力は何かを紹介!


スポンサードリンク
AudiostockでBGM・効果音を販売中!
サウンドハウス

作曲とは? 作曲に必要な知識・能力は何かを紹介!

f:id:yakizakanajiro:20200720183857j:plain

作曲は誰にでもできます!

やる気があって、必要な知識や能力・道具を一つずつ揃えたら、
確実に誰にでもできる様になると思います。

でも、

作曲初心者は、
どこから手をつけていいのか分からない。
はじめの一歩が分からない。
という方もおられるでしょう。

そこで今から、
作曲に必要な「知識・能力・道具」を紹介して、
あなたが最初に取り組ことを提案したいと
思います。

目次

1.作曲とは何か…

では作曲とは何をすることなのか…
そこの所から話を進めます。

曲作りの工程

市販の曲は、下記のような工程を経て作られています。

1.歌詞を書く
2.メロディーをつける
3・コード(和音)をつける
4・アレンジをする
5・レコーディングする
6・ミックスする
7・マスタリングする
ちなみに、1~4の順番は作り手により違ってきますね。

作曲は、どこからどこまでを指す?

この定義は難しいです。
捉え方によって、幅広くも狭くもなるからです。

広く捉える場合、作詞以外の全てが作曲と捉えます。
音を整えるミックス・マスタリングなども、
表現活動の一部だと考えるからです。

一番狭く捉える場合は、作曲=メロディー作りという解釈です。
「口笛やハミングでメロディーを作った。作曲完了だ!」
と、いう場合ですね。

クラシックの作曲の場合、
楽器の構成やフレーズを考え、楽譜を作ることを指すみたいです。

一般的な作曲の解釈

一般的には、作曲=メロディー&コード作りと捉えるのが無難です。
メロディーとコードには、深い関係があるためです。

コード(和音)とは、3音以上の違う高さの音の重なりのことで、
必要最小限の伴奏だとおもってください。
(よく聞くド・ミ・ソは、コ-ドで云うとCです)

同じメロディ-であっても、コ-ドが違うだけで今日の雰囲気が一変してしまう事は良くあることです。
「このメロディーには、このコードで聞かせたいんだ!」
と、いう場合、
コードとメロディ-の関係に意味がるので、
作曲=メロディー&コード作りという解釈になります。

編曲とは何か?

編曲はさらに、色々な解釈ができてしまいます。

編曲の範囲とは
1・楽器編成を考える
2・ドラム・ベースなど、各楽器のフレーズを考える。
3・楽器のフレーズや歌、コーラスなどを録音する。
4・コードを付け直す。
5・エフェクトをかけて聴き映えを良くする。

一般には、
1・2の解釈が多いでしょう。
楽器構成とフレーズの決定を、編曲と考えます。

3は自宅のDTM(PCを使った音楽制作)においてまたは、
レコ-ディングスタジオなどで、
レコーディングをしながら各楽器のフレーズを考える場合が多いです。
そのため、レコーディングも編曲の一部だと考えられます。

4は楽器ごとのフレーズを考えているうちに、
コードを変える場面も多いので、コードを付け直すことも編曲と言えると思います。(これをリハーモナイズと言います。)

5はヤマビコのように音が繰り返すエフェクト(ディレイ)を、
「サビの歌の部分だけに強調してかけたい!」と操作するなども、編曲の一部と考えることができます。

作曲・編曲の関係

音楽制作では、それぞれの作業で重なる部分が多いです。
そのため、作曲と編曲を明確に分けること難しいかもしれません。
そして、
それよりも大事なのは、
あなたが曲をどこまで作りたいかです。
なぜなら目標によって、
学ぶ内容が大きく変更していかなければ為らないからです。

2.あなたが目指すタイプは?

さて、
一口に作曲したいと言っても、色々なタイプの方がいます。

生演奏重視タイプ

例えば、ピアノやギターの弾き語り用の曲を作りたいのであれば、
当然、他の楽器の編曲の知識は必要ありませんし、DTMを学ぶ必要はありません。 

では、何を始めるか、
楽器の練習
コード(和声法)の基礎の学習
作詞法の本を読む
から、始めていきましょう。

音を録音するだけなら、
スマホタブレットに取り付けれるマイクを付けて録音すれば、
手軽に音源を残せます。

生楽器を使わない音楽ジャンルを作りたいタイプ

生楽器を使わないEDMやHIP HOPのトラックを作りたい。
という方は、楽器の練習は必要ないか、最低限でいいでしょう。

では、何を始めるか、
DAW(パソコン上で音楽を作るソフトウェア)の導入・操作の学習
ドラム・シンセなどの基礎知識の習得
コード(和声法)の基礎の学習
からはじめましょう。

そこまで本格的でなくても構わないというのなら、
スマホタブレットの音楽制作アプリや
無料のDAWを試してみましょう。

全てできるようになりたいタイプ

もし、歌詞・作曲・編曲からマスタリングまで、
なんでもやってリリースしたい方は、
いずれは一通りの知識・能力・道具が必要になります。
その中で、スキルUPの一番の近道は、
DTMにおいて役立つ鍵盤楽器を始めることです。
何故なら、
概ねの入力は鍵盤によっておこなわれますし、
メロディ-・コ-ドを作成・確認するのも便利だからです。

では、何を始めるか、
DAW(パソコン上で音楽を作るソフトウェア)の導入・操作の学習
ドラム・シンセなどの基礎知識の習得
鍵盤楽器(ピアノ)の練習
コード(和声法)の基礎
レコ-ディング・ミックス・マスタ-リングの基礎知識の習得
編曲の為の基礎知識の習得

鍵盤楽器は弾ける事にこした事はないです。
ただ、クラッシックの曲が弾ける様にする等の腕はいりません。
だいたい左手でコ-ド・右手でメロディ-を弾けて確認できる位の
技術を、最初は目指してください。
もちろん、
ほかの楽器が弾けるにこしたことが無いのは言うまでもないです。

f:id:yakizakanajiro:20200823095919j:plain

3.作曲に必要な知識・能力・道具

「作曲をする!」という目標を達成するためには、
必要な知識・能力・道具は何かと、考えると分かりやすくなります。

作曲・編曲

この二つに共通して必要な知識は、
コ-ド進行理論・和声学と対位法です。
そして、技術はメロディ-・コ-ドを分析し、
楽曲に落とし込む能力です。
道具としては、録音できるものとコ-ドが弾ける楽器です。

コ-ド進行理論・和声学と対位法とても難しく感じるかもしれませんが、
最初は、ざっくりとした感じで覚えてください。
理論は絶対必要です。
ただそれを、学ぶのに振り回されては為らない。
と、云うことです。

レコ-ディングとミックス・マスタリング

これらは、本来専門のエンジニアがいるものなので、
学ぼうとしても、とても学びきれるものではないです。
でも最小限必要な学ぶことは、
DAWソフトの上位機種を使いこなす事です。
これが出来れば、必要最小限の事は学んでいるはずです。

必要な能力・知識・道具を、
焦らず一つずつ確実にものしていきましょう。

全てに影響する能力も優先的に鍛える。

さて、作曲にはもちろん、日常生活でも役に立つスキルもあります。

集中力
習慣力
思考力
目的達成能力
潜在意識の活用

ゲームの主人公が様々なスキルを習得して強くなるように、
あなたも様々な能力を習得し、作曲に活かすことが出来ます。
音楽だけを学ぶのではなく、
全てを向上させる能力も並行して鍛えていくのが上達への鍵です。

4. 作曲初心者への道しるべ

学びたいことはたくさんあると思いますが、
まずは最初の一歩を踏み出してみましょう。
踏み出さないと何も始まりません。

1・和音楽器(ピアノ・ギター)を始める。
2・コード(和声法)の基礎を学ぶ。
3・実際に曲を何曲も作ってみる。
4・PCやDAWを導入し、アレンジに挑戦する。
5・ドラムやベース、シンセなど、各楽器を勉強する。
6・ミックスを勉強する。
7・マスタリングを勉強する。

まずは、
浅く広く勉強して、一通り曲を作れるようになったら、
今度は一つ一つの精度を高めて
クオリティを高くしていく作業をしていきます。

そして、納得のいく作曲をめざして学んでいくのです。

5.まとめ

作曲は限られた人しかできないものではありません。
やる気さえあれば、必ず誰にでも出来ます。
そして、どんな人でも最初から名曲はできません。

一曲で完璧な曲を目指すのではなく、
色々な曲を書きながら自分の成長を楽しみましょう。
そうすれば、
きっといつかクオリティの高い曲を作れるようになるはずです。

今回はこんなところで終わりにします。
以上紹介したことが、
あなたの参考になりましたら幸いです。

#作曲 #編曲 #DTM #DAW #音楽